HOME Twitter 有料記事 メインブログ NAVERまとめ


   

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.07.12 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【株式・FX・仮想通貨運用・情報提供のNYKが推奨する仮想通貨取引所】QUOINEXの評価

    0

      ◆ビットコイン(bitcoin)やイーサリアム(Ethreum)が取引できるQUOINEX(コイン)取引所が日本でサービス開始。ビットコイン現物取引手数料がゼロ!

       

      【取引所・会社概要】

      QUOINEXは栢森 加里矢(Kariya Kayamori)氏がCEOを務めており(現時点)、大元はシンガポールで設立された会社である。現在は日本のほか、ベトナムでも展開。

      20174月、仮想通貨に関する法律制定を受け本格的に仮想通貨事業をスタート。事業開始時には約18億円の資金を調達したことでも有名。

      ◆現物取引(現金)に加えて、個人=25倍、法人=50倍のレバレッジ取引も可能。

      ※レバレッジ取引とは株式運用でいう信用取引のようなもので、実際の手元にある現金の約25倍の金額で取引を行える為、少ない現金でも高利益を狙えるというもの。

       

      ★★QUINEX 取引所はここ▼▼(メールアドレス)で簡単登録


       

      QUINEXの取引通貨】

      一番堅実に取引ができる通貨である「ビットコイン」と「イーサリアム」の取引が行える。

       

      【気になる手数料は下図でわかりやすく説明】

      *1: ベース通貨はお客様の居住地国に基づき決定されます。例えば、お客様が日本に居住されている場合は、BTC/JPYがベース通貨となります。お客様が当社プラットフォーム上で提供していない通貨ペアの国にお住いの場合、ベース通貨はBTC/USDとなります。

      *2: 出金手数料は各通貨ごとに異なりますので、当社FAQをご確認ください。

       


      QUOINEX一言サービス特徴】

      ・ビットコイン、イーサリアムの仮想通貨の取引所を運営

      ・世界最高水準のセキュリティ

      業界最多「14通貨ペア数」(ドル、ユーロ、ポンドなど他国の法定通貨に対応)

      ・標準で15種類のインディケーターを搭載するシステム

      BTCJPYの取引手数料が無料

      ・大口トレーダーも大満足のロット制限、建玉制限なし(例外あり)

      0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円)

      一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える

       

      (ここから簡単登録!)

       


      【クイック入金提携数業界最多。約380の金融機関に対応】

      ⇒余談だが、取引したいときに入金が間に合わないのは致命的なのでこのクイック入金は非常に重要


      【取引可能時間】

       

      24時間

       

      OS

       

      Windowsのみならず、MAC対応

       

      【アプリ対応】

       

      スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能

       

      iPhone, Android, iPad

       

      【サポート】

       

      「メール」対応はもちろん、業界では珍しい「LINE」を活用したチャットサポート

       


       

      【QUINEX取引所の登録】

       

      QUINEX 取引所はこちらから進めます▼▼(メールアドレス)で簡単登録できます

       

      ◆口座開設には基本、顔写真付き身分証明書が必要

      運転免許証・パスポート・個人番号カード(マイナンバー)・住民基本台帳カード

      上記の提出書類はいずれも顔写真付きのものになります。その他の提出書類は詳しくはQUINEXのホームページよりご確認ください。

       

       

       

      JUGEMテーマ:仮想通貨


      【韓国】新大統領に文在寅(ムン・ジェ・イン)氏、人物像はいかに

      0

        ◆朴槿恵前大統領の罷免で新大統領爆誕

        新大統領は文(ムン)在(ジェ)寅(イン)氏が当選。得票率は41%であった。

        文在寅氏を調べると「親北」や「反日」といったワードもでてくる。そこで同氏について調べてみた。

         

        ◎過去の発言例

        ・慰安婦問題で日本に対し

        「日本の法的責任と公式謝罪が盛り込まれていない協議は無効だ」

        「正しい合意ができるよう日本との再交渉を求める」

         

        ・アメリカに対し

        ミサイル迎撃システムTHAAD(サード)を韓国に配備する件について「北朝鮮が核開発・核兵器の能力を高めた場合は容認する」としながらも、北朝鮮が核開発を放棄するなら「THAAD配備の保留や撤回もある」

         

        このように発言をするなど、場合によってはこれまでの解決に向けて歩み始めた交渉も後退する可能性もある。

         

        ◎ただし、冷静な発言も

        「これまでの歴史問題と未来は別として、日韓外交を行わなければならない」

        「慰安婦問題の解決のためにも日本との外交を断ち切る事は出来ない」

        などと今年2月に発言しているのも事実である。

         

        ◆様々な見方はあるが、判断は時期尚早

        主にネット上では文在寅氏が当選すること=反日・反米・親北であり、良くないというイメージが

        広がりやすいですが、彼は大統領という立場になった以上、一方的な観念で「仕事」をするわけにもいきません。

        思い込みでは無く、これからの実際の彼の行動・発言を思慮深く見守っていくことも大切です。

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:外国為替


        【ドル円】2017年4月11日・テクニカル分析

        0

          ◆日足単純移動平均線(SMA)

          (短期=5、中期=20、長期=40)

          大方横ばい推移の短期線に対し、中・長期線はデッドクロスから右肩下がりの非常に弱気のチャートだ。

          少し前は記事でも書いた通り、反転上昇の兆しがありました。しかし海外情勢の悪化と共に下押しされている。

           

          現在もシリア、北朝鮮を取り巻く懸念、米国からの貿易を巡る圧力懸念、フランス大統領選・・・等、懸念材料が多い。

          しかしチャートでも分かるように110円台の下壁はとても厚く底値が堅いのも事実。

          逆に上値は118円台を上抜け出来ておらず、上昇は物足りなさを感じる。

           

          ここからゴールデンクロスしたとしても、中・長期線が右肩下がりである以上ダマシの可能性もあるので注意。

          ただ、GCから両線も上向いてくるようなら上昇トレンド化するだろう。

           

           

          ◆日足一目均衡表

          一目均衡表では下抜けし易い右肩上がりの雲を経て、ローソク足は雲下で推移。

          しかし雲のねじれから右肩下がりの雲に変化したことで、再度雲の上抜けを試す機会もありそう。

          平衡している雲は抜けづらい為、薄いところを狙ってくるか。

           

           

          ただ、前述した通り海外の「状況」が悪い方向に一変すれば、テクニカルは当てにならない。

          よく、最新のニュースを取り入れながらテクニカルと併用し判断しよう。

           

          いすれにせよ現在、日本円は買われ過ぎている。いずれそれが一気に売りに走った場合、反動の上昇は大きいかもしれない。

           

           

          JUGEMテーマ:外国為替


          | 1/3PAGES | >>